目が痛い 疲れ

目が痛いからといって疲れと決め付けるのはキケン!?

どうしても取れない眼痛や目のかすみ、

 

眩しさや充血等の症状を目の疲れと決めつけて

 

放置してらっしゃる方、案外いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

それらの症状が単なる目の疲れから来ていると決めつけずに、

 

眼精疲労の可能性を一度疑ってみてください。

 

 

少し目を休めても症状が続く、

 

目の痛みと共に肩こりや頭痛を併発するなどといった症状が見られる場合、

 

もしかしたらそれは眼精疲労かもしれません。

 

 

単なる疲れ目は休憩や眠りを十分に取れば治るのに対し、

 

眼精疲労とは長い休息を取っても回復のしない眼痛や目のかすみ、

 

眩しさや充血等の症状の事で、頭痛や肩こり、吐き気などといった全身症状が併発するという特徴を持ちます。

 

 

原因はたくさんあるのですが、多く見られるものとして「度の合わないメガネを使っている」

 

「ドライアイである」「緑内障や白内障である」等が挙げられます。

 

 

また、最近では長い間パソコンやスマートフォンを使用する機会(これをVDT作業と呼びます)が増えたため、

 

これが原因となるケースも非常に増えています。

 

 

眼精疲労を治療するには、症状の根本を成す原因を特定し、取り除かなくてはなりません。

 

もし、メガネを作って数年経つのならば、眼科で一度視力を測りなおしてメガネを作り直す。

 

仕事でパソコンを長い間使うようであるならば、適度な休息を取りながら行う。

 

などといった原因療法が必要不可欠となります。

 

 

また、原因がわからない場合や、取り除いても症状が緩和しない場合は、

 

なんらかの病気が関連いている場合もあるので、眼科で診断を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク